呂三型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
呂三型潜水艦(F2型)
呂号第五潜水艦
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級 呂一型潜水艦(F1型)
次級 -
性能諸元
排水量 基準:689トン 常備:740トン
水中:1,047トン
全長 65.58m
全幅 6.07m
吃水 4.04m
機関 フィアット式ディーゼル2基2軸
水上:2,600馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:14.27kt
水中:8.01kt
航続距離 水上:10ktで3,500海里
水中:4ktで75海里
燃料 重油
乗員 43名
兵装 機銃1挺
45cm魚雷発射管 艦首3門、艦尾2門
魚雷8本
備考 安全潜航深度:30.5m

呂三型潜水艦(ろさんがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。F2型(エフにがた)とも。同型艦3隻。

概要[編集]

各国から輸入した潜水艦の運用実績により呂一型潜水艦(F1型)を改良して建造したものである。基本的な能力に差はないが、問題点であった船体が強化されている。また主機は国内でライセンス生産したものを搭載したがその信頼性は低かったという。これらの問題点もあり建造は3隻で打ち切られている。

兵装は7.5cm砲にかわって機銃1挺を装備した。

建造は呂一型と同じ川崎造船所1922年(大正11年)に3隻竣工、竣工時の名称は第三十一潜水艦、第三十二潜水艦、第三十三潜水艦である。実戦に投入されることはなく、全艦老齢化により、1932年(昭和7年)に除籍。

同型艦[編集]

呂3[編集]

1922年(大正11年)7月15日竣工(神戸川崎)。竣工時の艦名は第三十一潜水艦1924年(大正13年)11月1日呂号第三潜水艦に改称。1932年(昭和7年)4月1日除籍。

呂4[編集]

1922年(大正11年)5月5日竣工(神戸川崎)。竣工時の艦名は第三十二潜水艦1924年(大正13年)11月1日呂号第四潜水艦に改称。1932年(昭和7年)4月1日除籍。

呂5[編集]

1922年(大正11年)3月9日竣工(神戸川崎)。竣工時の艦名は第三十三潜水艦1924年(大正13年)11月1日呂号第五潜水艦に改称。1932年(昭和7年)4月1日除籍。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。

脚注[編集]

関連項目[編集]