北白川道久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北白川宮 道久王
北白川宮
続柄 北白川宮永久王第一男子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 (1937-05-02) 1937年5月2日(81歳)
日本の旗 日本 東京府東京市芝区高輪南町・北白川宮邸
(現・東京都港区高輪
配偶者 島津慶子(島津忠承の三女)
子女 長女
二女
三女
父親 北白川宮永久王
母親 北白川宮妃祥子
テンプレートを表示

北白川 道久(きたしらかわ みちひさ、1937年5月2日 - )は、日本元皇族。皇族時代の名前は、北白川宮道久王北白川宮永久王同妃祥子長男。北白川家の現当主である。

略歴[編集]

1940年昭和15年)に父・永久王が事故により薨去。3歳で北白川宮家を継承。未成年のため終戦時の宮家の当主の中で唯一の非軍人だった

第二次世界大戦後の1947年昭和22年)10月14日皇籍離脱し、以後は北白川道久となる。1960年昭和35年)学習院大学政経学部卒業後、東京芝浦電気に入社し、東芝国際交流財団専務など歴任し2000年に定年退職[1]

2001年平成13年)4月、伊勢神宮大宮司に就任。2005年平成17年)11月15日、紀宮清子内親王(現・黒田清子)の結婚式において、斎主を務めている2007年平成19年)7月に退任。

現在、霞会館理事長(2007年5月30日 - )の他、学習院の同窓会である学習院桜友会理事[2]中等科・高等科桜友会会長[3](2008年3月1日 - [4])、日本会議顧問を務めている[5]

2011年(平成23年)6月4日付けにて神社本庁統理に就任した[6]

家族[編集]

島津忠承の三女・慶子夫人との間に三女があり、うち二人が徳仁親王の「お妃候補」であるとマスコミに報じられたことがある[7][8]


明治天皇系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇族
 
 
竹田家
 
 
 
 
北白川家
 
 
 
 
朝香家東久邇家


脚注[編集]

  1. ^ 【S11】神宮の遷宮伊勢の壮大なる文化と技術の伝承学習院生涯学習センター 講師紹介
  2. ^ 学習院桜友会 » 理事・監事役員名簿
  3. ^ 役員紹介 | 中等科・高等科桜友会
  4. ^ 中・高等科桜友会 - 第10回 中・高等科桜友会総会開催
  5. ^ 役員名簿 日本会議 2014年8月現在
  6. ^ 北白川宮家” (日本語). www.hiemalis.org. 2018年4月9日閲覧。
  7. ^ この「噂の令嬢」なら誰でもおかしくない プリンセス候補最終5人の家系・家柄全紹介 FRIDAY SPECIALフライデースペシャル'86下期総集編 1986年12月25日増刊号
  8. ^ にんげんワイドスペシャル 浩宮妃 「うわさ」の22人のお家柄〈全家系〉サンデー毎日 1986年11月9日号