竹田恒正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恒正王
竹田恒正
続柄 竹田宮恒徳王第一男子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
His Imperial Highness
出生 (1940-10-11) 1940年10月11日(78歳)
日本の旗 日本 東京府東京市芝区、竹田宮邸
配偶者 竹田恭子
子女 恒貴
浩子
父親 竹田宮恒徳王
母親 恒徳王妃光子
役職 東京ゴルフ倶楽部理事長
日本ゴルフ協会会長
テンプレートを表示

竹田 恒正(たけだ つねただ、1940年昭和15年)10月11日 - )は、日本旧皇族竹田家第3代当主。竹田宮恒徳王第一男子。皇籍離脱前の身位は(恒正王)。上皇明仁はとこにあたる。

経歴[編集]

1940年昭和15年)10月11日午後1時55分、竹田宮恒徳王の第一男子として東京府東京市芝区高輪南町17番地(現在の東京都港区高輪)の竹田宮邸で生まれる[1]。母は恒徳王妃光子。同年10月17日恒正と命名される[2]皇紀二千六百年を祝う大観艦式の日に生まれたため、「観艦式の日のご誕生だから、将来はぜひ海軍に」と海軍関係者から望まれた。日本国憲法施行後の1947年(昭和22年)10月14日、父や家族とともに皇籍離脱となる。

慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱商事に入社[3]。入社後、マサチューセッツ工科大学スローンスクールに留学して経営学修士を取得する。根津コンツェルンの総帥で東武鉄道第4代社長を務めた根津嘉一郎の三女の根津恭子と結婚した。

1992年平成4年)5月11日、父の死によって竹田家を継承した。

2009年(平成21年)に東京ゴルフ倶楽部理事長に、2012年(平成24年)に公益財団法人日本ゴルフ協会副会長に、2015年(平成27年)に公益財団法人日本ゴルフ協会会長に、それぞれ就任[4]

家族・親族[編集]

竹田家
親戚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁上皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
竹田家
 
 
 
 
男系断絶
 
 
 
 
朝香家東久邇家


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 『官報』第4132号、1940年10月12日。
  2. ^ 『官報』第4137号、1940年10月21日。
  3. ^ 竹田恒泰著 語られなかった皇族たちの真実 222頁
  4. ^ [1]
  5. ^ アメリカの高校と大学卒業後に伊藤忠商事勤務
  6. ^ 竹田恒泰著 語られなかった皇族たちの真実 223頁

著作[編集]

  • 「昭和天皇のゴルフ史」『日本経済新聞』2007年4月26日付朝刊、40面。

参考文献[編集]

  • 第一編集局セオリープロジェクト編 『名家・名門の秘密』 講談社、2009年。
  • 竹田恒泰著『語られなかった皇族たちの真実』

外部リンク[編集]