朝香宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝香宮家
No image available.svg
家祖 朝香宮鳩彦王
久邇宮朝彦親王の第8王子)
種別 皇族宮家
出身地 京都山城国
主な根拠地 東京府東京市芝区白金台町
(現:東京都港区白金台
長野県北佐久郡軽井沢町
凡例 / Category:日本の氏族

朝香宮(あさかのみや)は、明治後期、久邇宮朝彦親王の第8皇子である鳩彦王が創設した宮家

系譜[編集]

朝香宮鳩彦王[編集]

旧朝香宮邸の庭園側外観
(2018年9月撮影)
朝香宮鳩彦王

初代・鳩彦王(やすひこおう、1887年(明治20年)10月20日 - 1981年(昭和56年)4月12日)は、1906年(明治39年)に明治天皇から朝香宮の宮号を賜った。1910年(明治43年)には、明治天皇の第8皇女允子内親王と結婚。陸軍士官学校陸軍大学校を経て、1922年(大正11年)にフランスに留学した。

1923年(大正12年)にフランス北部ベレネー近郊で、義兄の北白川宮成久王の運転する自動車が事故を起こし、同乗した鳩彦王は重傷を負う(成久王は死亡。この時、王は成久王の運転技術の未熟さを指摘し運転を止めるよう忠告していたが、聞き入れられなかった)。怪我の療養のためフランス滞在が長引いたことで、フランス文化により長く触れることになった。特に、看病のため渡仏した宮妃と共に1925年(大正14年)のアールデコ博を観覧し、同様式に対して強い関心と理解を示した。

帰国後は、近衛師団長、軍事参議官上海派遣軍司令官などを歴任し階級は陸軍大将に進んだ。第二次世界大戦終盤においては、終始強硬な主戦論者として本土決戦に備えた陸海軍統合(統帥一元化)を主張・力説していた。南京陥落(1937年12月13日)当時、松井石根[1]に先立って南京に司令官として入っていた[2]

1947年(昭和22年)GHQの指令により10月14日皇籍離脱熱海に移り、趣味のゴルフ三昧の生活を送った。ゴルフ好きは戦前から知られ、東京ゴルフ倶楽部の名誉総裁であり、1932年(昭和7年)に東京ゴルフ倶楽部ゴルフ場が東京駒沢から埼玉県膝折村に移転された際には、膝折村が朝香宮にちなんで朝霞町(現在の朝霞市)と改名したことで有名。東京白金台宮家本邸は、戦後西武グループの所有を経て、現在東京都庭園美術館となっている。日本では数少ないアールデコ・スタイルの豪華な内装で知られる。1981年(昭和56年)4月12日に94歳で逝去した。

沓掛にあった別荘は、現在、千ヶ滝プリンスホテル(事実上の“軽井沢御用邸”)となっている。

孚彦王[編集]

孚彦王

孚彦王(たかひこおう)は鳩彦王第1王子で、終戦時は陸軍中佐であった。1947年(昭和22年)に皇籍離脱し朝香孚彦と名乗った。

系図[編集]

 
(20/23)伏見宮邦家親王
 
(1)山階宮晃親王
 
(2)山階宮菊麿王[3]
 
(3)山階宮武彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)梨本宮守脩親王
 
 
(1)久邇宮朝彦親王
 
(1)賀陽宮邦憲王
 
(2)賀陽宮恒憲王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)久邇宮邦彦王
 
(3)久邇宮朝融王
 
 
 
 
 
 
 
(3)梨本宮守正王
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
第125代天皇上皇明仁
 
 
 
 
 
(21)伏見宮貞教親王
 
 
(1)朝香宮鳩彦王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(1)東久邇宮稔彦王
 

明治天皇系[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁上皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
竹田家
 
 
 
 
男系断絶
 
 
 
 
朝香家東久邇家


伏見宮系図[編集]

崇光天皇
 
(1)栄仁親王
 
(2)治仁王
 
 
後花園天皇
 
後土御門天皇
 
後柏原天皇
 
後奈良天皇
 
正親町天皇
 
A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
 
(4)貞常親王
 
(5)邦高親王
 
(6)貞敦親王
 
(7)邦輔親王
 
(8)貞康親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)邦房親王
 
B
 
 

A
 
誠仁親王
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
C
 
 
 
 
 
 
 
 
B
 
(10)貞清親王
 
(11)邦尚親王
 
 
(閑院宮1)直仁親王
 
D
 
 
 
 
 
 
 
(12)邦道親王
 
 
(16)邦忠親王
 
 
 
 
 
(13)貞致親王
 
(14)邦永親王
 
(15)貞建親王
 
 
(18)邦頼親王
 
(19)貞敬親王
 
E
 
 
 
 
 
 

C
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
(17)貞行親王
 
D
 
(閑院宮2)典仁親王
 
(閑院宮3)美仁親王
 
(閑院宮4)孝仁親王
 
(閑院宮5)愛仁親王
 
 
 
 
 
 
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
E
 
(20/23)邦家親王
 
(山階宮1)晃親王
 
(梨本宮2/山階宮2)
菊麿王
 
(山階宮3)武彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮1)守脩親王
 
 
(久邇宮1)朝彦親王
 
(賀陽宮1)邦憲王
 
(賀陽宮2)恒憲王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(久邇宮2)邦彦王
 
(久邇宮3)朝融王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮3)守正王
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
多嘉王
 
 
第125代天皇明仁
 
 
 
 
 
 
(21)貞教親王
 
 
(朝香宮)鳩彦王
(皇籍離脱)
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(東久邇宮)稔彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
小松宮彰仁親王
 
 
(竹田宮1)恒久王
 
(竹田宮2)恒徳王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
(北白川宮2)能久親王
 
 
(北白川宮3)成久王
 
(北白川宮4)永久王
 
(北白川宮5)道久王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小松輝久
 
 
 
(華頂宮1)博経親王
 
(華頂宮2)博厚親王
 
 
 
 
(北白川宮1)智成親王
 
 
(25/華頂宮3)
博恭王
 
博義王
 
(26)博明王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(22/24)貞愛親王
 
 
邦芳王
 
 
(華頂宮4)
博忠王
 
 
 
 
 
(閑院宮6)載仁親王
 
(閑院宮7)春仁王
(皇籍離脱)
 
 
華頂博信
 
 
 
 
 
(東伏見宮)依仁親王
 
 
伏見博英
 
 


家族[編集]

ギャラリー[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1937年10月30日より翌年2月14日まで中支那方面軍の司令官であった。
  2. ^ 1937年12月2日、上海派遣軍司令官を拝命して南京に向かった。
  3. ^ 梨本宮2代目

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、朝香宮に関するカテゴリがあります。