伏見宮貞敦親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伏見宮貞敦親王
続柄 伏見宮邦高親王の第一王子
出生 長享2年(1488年)3月
死去 元亀3年7月25日1572年9月2日
配偶者 藤原香子(三条実香の娘)
子女 邦輔親王
寛欽法親王
尭尊法親王
任助法親王
応胤入道親王
位子女王
恵彭女王
尊智女王
周恭女王
父親 伏見宮邦高親王
母親 今出川教季の娘
役職 中務卿式部卿
テンプレートを表示

伏見宮貞敦親王(ふしみのみや さだあつしんのう)は、戦国時代皇族中務卿式部卿伏見宮第6代当主。邦高親王第一王子。母は今出川教季の娘。

文亀2年(1502年)に元服永正元年(1504年)に親王宣下天文14年(1545年)に出家

系譜[編集]