伏見宮邦尚親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伏見宮邦尚親王
続柄 伏見宮貞清親王第一王子
出生 元和元年(1615年
死去 承応2年11月29日1654年1月17日
父親 伏見宮貞清親王
母親 前田利長養女(宇喜多秀家の女)
テンプレートを表示

伏見宮邦尚親王(ふしみのみや くになりしんのう)は、江戸時代初期の皇族伏見宮第11代当主。伏見宮第10代当主貞清親王第一王子。母は前田利長養女(宇喜多秀家の女)。

寛永3年(1626年)に親王宣下

子は無い。死後は、弟の邦道親王が、伏見宮家の当主となる。