伏見宮邦永親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伏見宮邦永親王
続柄 伏見宮貞致親王第三王子
出生 延宝4年3月28日(1676年5月10日)
死去 享保11年10月21日(1726年11月14日)
配偶者 福子内親王霊元天皇の第五皇女)
子女 貞建親王
道承入道親王
尊祐法親王
光子女王
輔子女王
培子女王
父親 伏見宮貞致親王
母親 家女房
役職 中務卿
テンプレートを表示

伏見宮邦永親王(ふしみのみや くにながしんのう)は、江戸時代中期の皇族伏見宮第14代当主。伏見宮貞致親王第3王子。

元禄8年(1695年)に、元服親王宣下

妃は霊元天皇の第五皇女・福子内親王。王子女に道承入道親王尊祐法親王、岩宮光子女王出雲松江藩松平宣維室)、貞建親王、基宮輔子女王今出川公詮室)、比宮培子女王(第9代江戸幕府将軍徳川家重室)など。

外部リンク[編集]