東久邇信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信彦王
東久邇宮
続柄 盛厚王第一男子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 (1945-03-10) 1945年3月10日(72歳)
大日本帝国の旗 大日本帝国 東京都
配偶者 島田吉子
子女 長男
父親 盛厚王
母親 成子内親王
役職 全日本野球会議名誉会長
財団法人日本タイ協会常務理事
崇敬会東郷会」名誉会長
テンプレートを表示

東久邇 信彦(ひがしくに のぶひこ、1945年昭和20年)3月10日 - )は、日本の元皇族旧皇族盛厚王第一子。東久邇家現当主。皇籍信彦王、身位は、敬称は殿下北朝第3代崇光天皇の男系18世子孫。大正天皇の女系の曾孫。昭和天皇香淳皇后初孫

1947年昭和22年)10月14日皇籍離脱したの中では最年少で、現在も王・旧王では最年少である[1]

略歴[ソースを編集]

盛厚王成子内親王の長男。出産時は東京大空襲の最中であり、自宅の防空壕の中での誕生となった。1947年(昭和22年)10月14日、祖父・東久邇宮稔彦王が皇族の身分を離脱したため、信彦王も皇室典範(昭和22年法律第3号)第13条により皇籍離脱した(昭和22年宮内府告示第16号)。当時まだ2歳であった。

皇籍離脱後は、東久邇信彦を名乗り、民間人として生活。慶應義塾幼稚舎から慶應義塾で学び、慶應義塾大学法学部卒業後は三井銀行に勤務。財団法人日本タイ協会役員・常務理事、かをり会会員などの要職を歴任した。2008年(平成20年)6月、全日本野球会議名誉会長に就任。2009年平成21年)7月、日米友好の架け橋実行委員会名誉顧問就任。崇敬会東郷会」の名誉会長、日本の伝統を守る会[2]の名誉会長も務める。

私生活では、1972年(昭和47年)6月に、島田吉子と結婚。島田家は横浜で不動産管理業(アパート・駐車場経営)を営む庶民であるが、昭和天皇は、島田家の家庭的な様子に好感を持ち、信彦の結婚を祝福した[3]。夫妻には、翌年に男児が誕生した。

新潟県長岡市2009年(平成21年)8月3日、名誉顧問に東久邇信彦、顧問に山本五十六の長男の山本義正、経団連元会長の今井敬・新日鉄相談役名誉会長らが名を連ねる「日米友好の架け橋実行委員会」(会長・森民夫市長)が発足した。

系譜[ソースを編集]

信彦王 父:
盛厚王
祖父:
稔彦王東久邇宮
曾祖父:
朝彦親王久邇宮
曾祖母:
寺尾宇多子
祖母:
聡子内親王
曾祖父:
明治天皇
曾祖母:
園祥子
母:
成子内親王
祖父:
昭和天皇
曾祖父:
大正天皇
曾祖母:
貞明皇后
祖母:
香淳皇后
曾祖父:
邦彦王久邇宮
曾祖母:
俔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇 竹田宮恒久王
 
昌子内親王 北白川宮成久王
 
房子内親王 朝香宮鳩彦王
 
允子内親王 東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王 昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇 竹田恒徳 永久王 朝香孚彦 盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦 東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇族
 
 
竹田家
 
 
 
 
北白川家
 
 
 
 
朝香家 東久邇家


両親・祖父母全員が皇族であり、現皇室とも血縁的に極めて近いことから、2001年頃から表面化した、男性皇族の不足による皇位継承問題に関する議論の際、東久邇信彦とその息子の存在が注目された。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 現行皇室典範以降、王(天皇の三世以下の嫡男系嫡出の子孫)は一人も出生していない。
  2. ^ 日本の伝統を守る会
  3. ^ 1972年6月13日 朝日新聞「陛下の初孫ゴールイン 東久邇信彦氏と吉子さん」