久邇朝尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久邇 朝尊(くに あさたか、1959年昭和34年〉10月30日[1] - )は、日本の旧皇族の子孫。伊勢神宮大宮司

生涯[編集]

1959年昭和34年)、久邇邦昭の長男として、東京都に生まれる[2]

1983年(昭和58年)、学習院大学法学部を卒業し、三菱商事株式会社に入社した[2]

2009年平成21年)、三菱商事ファイナンシャルサービス株式会社アカウンティングセンター長に就任、2015年(平成27年)には同社監査役に就任した[2]

2018年(平成30年)、株式会社メタルワン監査役に就任し、2021年令和3年)6月まで務めた[2]

2022年(令和4年)7月5日、自身の再従弟[注釈 1]にあたる今上天皇の勅裁を得て、小松揮世久後任の神宮大宮司に就任した[2]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 徳仁の祖母香淳皇后と朝尊の祖父久邇宮朝融王は、共に久邇宮邦彦王を父とする兄妹である[1]

出典[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

新聞記事[編集]

  • 「神宮大宮司に久邇朝尊氏:天皇陛下の御裁可を仰ぎ」『神社新報』第3595号、2022年7月11日。