住田功一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すみだ こういち
住田 功一
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市灘区
生年月日 (1960-01-14) 1960年1月14日(62歳)
最終学歴 神戸大学経営学部卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 熊本(1983年から1988年まで)→鳥取(1988年から1992年まで)→東京アナウンス室(1992年から2003年まで)→大阪(2003年から2020年1月まで)
活動期間 1983年
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
備考
NHKを定年退職後の2020年4月から、大阪芸術大学放送学科の教授に就任。

住田 功一(すみだ こういち 1960年1月14日 - )は、NHKの元・アナウンサーで、ラジオパーソナリティ大阪芸術大学放送学科教授。

人物・略歴[編集]

兵庫県立神戸高等学校から神戸大学経営学部を経て、1983年にアナウンサーとしてNHKに入局。初任地は熊本で、後に鳥取、東京(放送センター)、大阪へ赴任した。

東京の放送センターへ赴任していた1995年には、神戸市灘区の実家へ帰省中の1月17日阪神・淡路大震災へ遭遇。その一方で、4月から5年間にわたって、『生活ほっとモーニング』の司会を務めた。 その後おはよう日本の5・6時台のキャスターを担当した。

2003年に大阪放送局へ赴任してからは、『かんさいニュース1番』のメインキャスターや『関西発ラジオ深夜便』のアンカー(パーソナリティ)などを務めながら、阪神・淡路大震災関連番組の取材・制作に従事。2011年から同局を代表してAMラジオ災害問題協議会に参加していたほか、初任地の熊本で2016年4月に熊本地震が発生した直後には、熊本放送局への派遣アナウンサーとして災害情報を中心にローカルニュースを担当した。2004年からは日本災害情報学会2019年からは日本災害復興学会でも活動中。

NHK大阪放送局ではエグゼクティブアナウンサーにまで昇進していたが、2020年の誕生日で定年に達したことから、同年1月31日付でNHKを退職。退職後は、『関西発ラジオ深夜便』のアンカーを続けながら、2020年4月1日から大阪芸術大学の放送学科でアナウンスコースの教授を務めている。2021年1月17日には、地元独立局サンテレビが制作する『バトン1・17~パンデミックのあなたへ』(阪神・淡路大震災関連の報道特別番組として17:00 - 19:00に生放送)に出演。実家で震災に遭遇した直後の模様をスタジオで証言したほか、VTRナレーションを担当している。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

熊本放送局時代
鳥取放送局時代
  • 鳥取のニュース・気象情報
東京アナウンス室時代
大阪放送局時代

著書[編集]

  • 『語り継ぎたい。命の尊さ - 阪神大震災ノート』(1999年2月1日初版刊行、一橋出版ISBN 978-4834842005
    • 2009年3月に増補版が刊行されたが、第6版の刊行直後に一橋出版が倒産したため、学びリンク(版権を引き継いだ出版社)から2011年4月14日に新版が発売されている(ISBN 978-4902776577)。

外部リンク[編集]