名曲アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名曲アルバム』(めいきょくアルバム)は、1976年4月5日に開始されたNHKクラシック音楽番組である。総合テレビ教育テレビ→Eテレおよび海外向けNHKワールド・プレミアム[1]で放送されているほか、2015年度からはBSプレミアムでも本番組のレギュラー放送を開始した。なお、BSプレミアムではレギュラー放送開始以前にも単発で1度だけ放送されたことがある[2]

過去にはBSハイビジョンでも放送されていたが、2010年3月をもって打ち切られた。ハイビジョン映像・ステレオ音声で制作されている。

また、本番組の収録音源を使用したラジオ番組をラジオ第2放送FM放送にて放送している。本項ではこれについても合わせて触れるものとする。

概要[編集]

海外のある場所(曲にゆかりのある地)で収録した映像[3]に1曲が5分に収まるように編曲してスタジオ収録した音源を組み合わせて放送されているのが特徴。字幕による解説が行われるが、ナレーションは無く、現地で収録した音声は放送されない[4]。放送時間は通常は5分間だが、『名曲アルバム選』のタイトルが付いている場合には15分間の放送である。

また、稀に曲風が似た異なる楽曲をメドレー形式で放送することもある[5]

この番組は、1976年4月5日に放送を開始した[6]。初回放送で取り上げられた曲は、ドボルザークスラヴ舞曲第2集第2番[7]

1978年10月1日、NHK総合テレビでは音声多重放送実用化試験放送開始と同時にこの番組はステレオ放送になった。

一時期[8]デジタル放送地上波およびBS[9])において、Bモードステレオの高音質放送を行なっていた。また、2014年8月からは、5.1chサラウンドステレオでの放送を開始した。

1990年半ば過ぎ頃からはフィルムからVTRに替わり、2000年12月1日のBSハイビジョン開局からはハイビジョンカメラでの撮影を開始した。

また、1980年頃から「クラシック音楽の手軽な良質番組」であることを売りに、海外の様々な放送局[10]に対して番組の供給も行っており、それらの放送局では、その国の字幕解説を入れて放送されている。

2018年現在、日本の民謡を取り上げる回もあり、オーケストラ編曲が行われるパターンもある。

放送時間[編集]

2018年度
  • 総合テレビ
    • 土曜:14:50〜14:55
    • 日曜:4:20〜4:25
  • Eテレ
    • 月曜:10:50〜10:55 23:25~23:30 名曲アルバムプラス
    • 木曜:13:50〜13:55
    • 金曜:10:55〜11:00
    • 土曜:12:55〜13:00
  • BSプレミアム
    • 月曜 - 金曜:5:55〜6:00

姉妹番組[編集]

ラジオ番組[編集]

この番組の収録音源を使い、アナウンサーによる曲目紹介を挿入したラジオ番組として、『名曲の小箱』(5分間、1984年4月2日開始)、『名曲スケッチ』(10分間、1993年4月9日開始)、『名曲セレクション』(15分間、1999年4月29日開始、不定期)がラジオ第2放送FM放送で放送されているほか、NHKワールド・ラジオ日本でも前者2番組を定時放送している[11]

2008年度から2011年度までラジオ第1放送(東北地方を除く)でも日曜日22:45 - 22:55に『名曲スケッチ』が放送されていた[12]

名曲アルバム+(プラス)[編集]

名曲アルバム+(プラス)』は、『名曲アルバム』の収録音源や、この番組のために録音された音源(5分または3分)に、アニメーションやCGを取り入れた映像を組み合わせたテレビ番組である。また、字幕はない。初回放送で取り上げられた曲は、青森県民謡の津軽じょんから節。

この番組は2015年3月27日に総合テレビで放送を開始した[13]が、2018年現在

Eテレで毎週月曜日の23:25~23:30まで放送している。

オーディオ・ビデオソフト[編集]

オーディオソフト[編集]

この番組のオーディオ・ソフトでの発売は、1979年12月5日にキングレコードから「セブン・シーズ」レーベルにて、同番組の音源をそのまま使った「名曲アルバム」という10枚組のLPセット[14]として発売したのが最初である。その後、アナログLPでは同社より数枚組のカートン・ボックス入りセットに於いては第2弾から第4弾まで発売され[15]、また、1枚ずつのバラ売りも別途されるようになった。なお、これに先立ってキングレコードではLPレコード「名曲アルバム」シリーズを発売しているが、これは番組で取り上げられた楽曲をロンドン・デッカのステレオ音源をもとに編集したもので、5分の枠にこだわらないノーカット収録であったが、「放送と違う」との抗議が多かったため、音源についてもNHKと提供契約を結んでの再企画となった。

CD時代になってからは、ポリドール・レコードが最初に発売を行い、その後、ユニバーサルミュージックキングレコードNHKサービスセンターから放送音源を使った同タイトルのアルバムが発売されている。

2011年1月よりデアゴスティーニより「NHK名曲アルバムCDコレクション」(分冊百科)創刊される。これは隔週刊で、これまでに放送された作品のうち毎号8曲を厳選し、その楽曲の舞台となった土地や曲の背景を取り上げたマガジンと付録のCDが付いているものである[16]

2014年には『音楽のある風景』に登場する通販限定CD「NHK名曲アルバム 美しき日本わが故郷」が通販のみで発売。

ビデオソフト[編集]

映像が収録されたビデオディスクでは、まずパイオニアレーザーディスクにて1981年10月9日に、第1号機LD-1000の発売とともに同番組の映像ソフトを1枚ずつ数種類発売したのが最初である[17]

2017年現在ではDVD版が、NHKエンタープライズ(名曲アルバム100選編、2007年3月23日発売)よりリリースされている。

脚注[編集]

  1. ^ 通常はスクランブル配信だが、2011年末に1度、『ひるブラ』(ノンスクランブル放送対象番組)の総集編の後に空いた時間枠で本番組が編成され、ノンスクランブルで放送されたことがある。また、2012年のロンドンオリンピック期間中にもニュース番組時差放送で空いた時間帯にも編成され、定時のノンスクランブル放送番組の時間短縮・休止による代替番組扱いでノンスクランブル放送された。
  2. ^ 2012年10月1日未明。放送時間は4:25 - 4:50で5分版を5本連続で放送していた。
  3. ^ 番組開始当初からしばらくの間は、生演奏映像が放送されていた。”. 2017年8月2日閲覧。
  4. ^ ごく稀に曲開始前や終了後に現地収録の音声が入っていることもある。
  5. ^ 岩崎宏之編曲、志賀清とモデルノス演奏によるエル・チョクロカミニートのメドレーなど。
  6. ^ 放送開始日については、1979年にキングレコードから出た10枚組のアナログLPアルバム「名曲アルバム」(レコード番号:SL1 - 10)の解説書に明記されている。
  7. ^ 番組では第10番と表示された。
  8. ^ BSデジタル放送開始からBSアナログ放送終了まで。
  9. ^ 2010年度以降は地デジ難視対策衛星放送のみ。
  10. ^ 主に、各国の国営・公営放送局。
  11. ^ NHKワールド・ラジオ日本の番組表 定時放送以外にも、主にラジオ第1放送で国会中継高校野球全国大会、その他スポーツ中継が組まれているときの差し替えとして放送される場合あり。
  12. ^ ラジオ第1の放送履歴
  13. ^ Eテレでは2015年12月22日、BSプレミアムでは2016年6月22日。
  14. ^ レコード番号:SL-1 - 10。10枚組で定価1万8000円。第1弾は、収録曲全100曲中、ステレオは33曲のみで、他は全てモノラル音源のものだった。
  15. ^ 第3弾から、全収録曲がステレオになった。
  16. ^ 隔週刊 NHK名曲アルバムCDコレクション | デアゴスティーニ・ジャパン
  17. ^ 第1回発売当初、当然音声はノーマル音声のみで、CXノイズリダクションが付いている。

外部リンク[編集]