福士幸次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福士幸次郎
弘前公園の詩碑

福士幸次郎(ふくし こうじろう、1889年11月5日 - 1946年10月11日)は、日本の詩人。

略歴[編集]

青森県弘前市生まれ。国民英学会卒業。1909年(明治42年)に処女作を発表し、1914年(大正3年)には第一詩集『太陽の子』を上梓し、口語自由詩の先駆となる。1932年(昭和7年)には日本ファシズム連盟を結成した。評論では1930年(昭和5年)に『日本音数律論』、民俗学では1942年(昭和17年)に『原日本考』を著した。

佐藤紅緑と親しく、サトウハチローの後見人だった。大脳生理学者・推理小説家・詩人である木々高太郎は弟子にあたり、木々は1915年に中学を卒業すると福士を師事して上京し、1918年には慶応義塾大学医学部に入学して医師になり、後に作家・詩人としても活動している。福士はヴィクトル・ユーゴーなどの翻訳もおこなった。

著書[編集]

  • 太陽の子 詩集 洛陽堂 1914
  • 展望 詩集 新潮社 1920
  • 詩の話 玉川学園出版部 1930
  • 郷土と観念 育生社弘道閣 1942
  • 原日本考 三宝書院 1942-1943
  • 福士幸次郎著作集 小山内時雄編 津軽書房 1967

翻訳[編集]

  • トルストイ叢書第2 イワンイリイッチの死・主人と下男・高架索の捕虜 新潮社 1916
  • ボナール賞讃 レオン・ウエルト 世界現代作家選 日本美術学院 1922
  • 世紀の伝説 長詩 ユーゴー 冬夏社 1922
  • 城主 戯曲 ユーゴー 冬夏社 1922

参考文献[編集]

  • 福士幸次郎 詩業と生涯 清藤碌郎 北の街社 1989.9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]