日本ファシズム連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本ファシズム連盟(にほんファシズムれんめい)は、1932年に結成された、日本におけるファシズムを信奉した政治的結社の1つ。

概要[編集]

1932年(昭和7年)1月20日、東京中目黒において、ファシストを自称する福士幸次郎岩崎純孝らによって結成された[1]。同年3月より雑誌「ファシズム」を発刊した。

同時代の反・ファシズム運動[編集]

1932年(昭和7年)度版の内務省警保局編『社会運動の状況』の「日本反帝同盟」「日本赤色救援会」「無産政党運動」のそれぞれの「ファシズム運動ニ対スル反対運動」の項には「徹底的ニ闘争ヲセザルベカラザル旨力説スル所アリタリ。而シテ実際運動トシテハ(中略)見ルベキ活動ナシ」(337頁)、「徹底的闘争ヲ決議セルガ実際運動トシテハ見ルベキモノナカリキ」(373頁)、「『ファッショ粉砕ニ関スル件』ヲ議決シタルモ、効果更ニ挙ガラズ」(618頁)とある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 1932年(昭和7年)度版、内務省警保局編『社会運動の状況』。
  • 河西英通「日本ファシズム連盟覚書」「上越教育大学研究紀要」1986年、133~149頁。

参照[編集]

  1. ^ 日本ファシズム研究序說(安部博純)