吉川英治文庫賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉川英治文庫賞(よしかわえいじぶんこしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主宰し、講談社が後援する文学賞。シリーズ大衆小説が対象。

2016年吉川英治文学賞吉川英治文化賞が第50回の節目を迎えるのを機に創設[1]

5巻以上続くシリーズ大衆小説のうち、12月1日から翌年11月30日までに5巻目以降が一次文庫で刊行されたものが対象となる。選考は、講談社を含む出版社の代表各社1名、識者、出版流通関係者など約50人で構成される選考委員の投票によって決定される。最終選考の開票には、選考委員に加えて前回受賞者(第1回は森村誠一)と吉川英明(吉川英治国民文化振興会理事長)が立会人として立ち会う[2]

受賞作[編集]

回(年) 最終候補作
第1回(2016年[3] 受賞 畠中恵しゃばけ」シリーズ(新潮文庫
候補 赤川次郎三毛猫ホームズ」シリーズ(光文社文庫
綾辻行人」シリーズ(講談社文庫
上田秀人 「百万石の留守居役」シリーズ(講談社文庫)
内田康夫浅見光彦」シリーズ(各社)
今野敏東京湾臨海署安積班」シリーズ(ハルキ文庫
佐藤賢一 「小説フランス革命」シリーズ(集英社文庫
堂場瞬一アナザーフェイス」シリーズ(文春文庫
西村京太郎十津川警部」シリーズ(各社)
誉田哲也姫川玲子」シリーズ(光文社文庫)
三上延ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(メディアワークス文庫
和田はつ子 「料理人季蔵捕物控」シリーズ(ハルキ時代小説文庫)
第2回(2017年[4] 受賞 今野敏隠蔽捜査」シリーズ(新潮文庫
候補 碧野圭書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫
有栖川有栖火村英生」シリーズ(文春文庫)
石田衣良池袋ウエストゲートパーク」シリーズ(文春文庫)
上田秀人 「百万石の留守居役」シリーズ(講談社文庫)
菊地秀行吸血鬼ハンター」シリーズ(朝日文庫ソノラマセレクション
島田荘司 「名探偵・御手洗潔」シリーズ(講談社文庫・新潮文庫)
小路幸也東京バンドワゴン」シリーズ(集英社文庫)
堂場瞬一 「アナザーフェイス」シリーズ(文春文庫)
西村京太郎 「十津川警部」シリーズ(各社)
松岡圭祐万能鑑定士Q」シリーズ(講談社文庫)
若竹七海 「葉村晶」シリーズ (文春文庫)
第3回(2018年[5] 受賞 有栖川有栖 「火村英生」シリーズ(角川文庫幻冬舎文庫
候補 上田秀人 「百万石の留守居役」シリーズ(講談社文庫)
上橋菜穂子守り人」シリーズ(新潮文庫)
菊地秀行 「吸血鬼ハンター」シリーズ(朝日文庫ソノラマセレクション)
北村薫 「円紫さんと私」シリーズ(創元推理文庫
堂場瞬一 「アナザーフェイス」シリーズ(文春文庫)
西村京太郎 「十津川警部」シリーズ(各社)
初野晴ハルチカ」シリーズ(角川文庫)
誉田哲也 「姫川玲子」シリーズ(光文社文庫)
三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(メディアワークス文庫)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]