里見義康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
里見 義康
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正元年(1573年
死没 慶長8年11月16日1603年12月18日
改名 千寿丸(幼名)→義康
別名 太郎(通称)、羽柴安房侍従
戒名 龍濳院殿傑山芳英大居士
墓所 千葉県館山市上真倉の慈恩院
官位 従四位下、安房守、侍従
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康
安房館山藩
氏族 里見氏
父母 父:里見義頼、母:龍雲院(正木時茂の娘)
兄弟 義康正木時堯義高康俊正木義断正木忠勝
正室:織田信長の姪
忠義忠堯

里見 義康(さとみ よしやす)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名里見義頼の長男。安房館山藩初代藩主。

生涯[編集]

織豊時代[編集]

天正元年(1573年)、安房国の大名・里見義頼の長男として誕生。

天正15年(1587年)、父・義頼の死により家督を相続する。天正16年(1588年)11月に父に引き続いて、増田長盛取次のもとで豊臣秀吉に音信を通じ、安房国・上総国両国および下総国の一部を安堵された。

しかし、天正18年(1590年)の小田原征伐で秀吉の怒りに触れた結果、上総・下総の所領を没収され、安房4万石(差出検地による石高)に減封された。原因については従来は遅参とされていたが、近年では里見氏が庇護していた小弓公方足利義明の遺児頼淳を擁して、北条氏によって奪われた旧領回復の好機とし、三浦へ渡海進軍し、鎌倉公方家再興を標榜し独自の禁制を発したことが、私戦を禁じた惣無事令違反に問われたと考えられている[1]。なお、この件を仲介したのが徳川家康であり、これ以降、里見氏は徳川氏に接近する。徳川家康は義康に里見家と徳川家は新田氏を祖とする同族であり親戚だと思っているといった内容「殊一性之儀二候間」の起請文を送っているが、この古文書は滝川恒昭により偽文書の可能性が指摘されている[2]

その後に上洛し、羽柴姓を許され、安房守・侍従に叙任して「羽柴安房侍従」と称された[3]

天正19年(1591年)には館山城を改修し、近世につながる城下町を開いた。文禄元年(1592年)の文禄の役では、家康に随行して肥前名護屋城に滞陣した。慶長2年(1597年)の太閤検地により、石高は9万1千石に高直しされる。

江戸時代[編集]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従い会津征伐に向かうが、関ヶ原へ向かう軍には組織されず、結城秀康の配下の軍として宇都宮城の守備を担当し上杉軍の南下を阻んだ。この際、中山道を進む秀忠軍への同行を願ったが許されなかったともいう。

戦後、論功行賞により常陸国鹿島郡3万石余を加増され計12万数千石を領することとなった。

江戸幕府が武蔵に開かれると名誉ある国持大名の列に並んだが、慶長8年(1603年)に死去。家督は10歳の嫡男・梅鶴丸(のちの忠義)が相続した。

参考論文[編集]

  • 市村高男「豊臣政権と房総―里見分国上総没収をめぐって―」(『千葉県史研究』2号、1994年)
  • 滝川恒昭「里見氏にあてた家康の起請文」(『季刊ぐんしょ』58号、2002年)、後に滝川恒昭編『房総里見氏』(戎光祥出版、2014年10月)に収む
  • 竹井英文「房総一和と戦国期東国社会」(『中世東国の政治構造』吉川弘文館、2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 市村高男「豊臣政権と房総―里見分国上総没収をめぐって―」(『千葉県史研究』2号、1994年)
  2. ^ 滝川恒昭「里見氏にあてた家康の起請文」(『季刊ぐんしょ』58号、2002年)、後に滝川恒昭編『房総里見氏』(戎光祥出版、2014年10月)に収む
  3. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、近代文芸社、2000年、29頁。