加藤泰行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加藤泰行
Katō Yasuyuki.jpg
加藤泰行像(如法寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦3年6月27日1753年7月27日
死没 明和6年5月8日1769年6月11日
改名 作十郎、泰行
別名 泰顕、泰英
戒名 本源院殿天性宗真大居士
墓所 東京都台東区松が谷三丁目の海禅寺
官位 従五位下出羽守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
伊予大洲藩
氏族 加藤氏(光泰系)
父母 加藤泰衑:天涼院
養父加藤泰武
兄弟 喜連川恵氏泰行溝口直英泰候泰豊泰周大関増業稲垣長以正室、毛利高標正室、恭心院ら
養子泰候
テンプレートを表示

加藤 泰行(かとう やすゆき)は、江戸時代中期の大名。別名は泰顕、泰英。伊予国大洲藩の第8代藩主官位従五位下出羽守

略歴[編集]

第6代藩主・加藤泰衑の次男として誕生。幼名は作十郎。

明和5年(1768年)、先代藩主の加藤泰武の死去により跡を継ぐが、翌明和6年(1769年)5月8日、17歳で死去した。嗣子がなく、跡を弟の泰候が継いだ。法号は本源院殿天性宗真大居士。墓所は東京都台東区松が谷三丁目の海禅寺

系譜[編集]