毛利高標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

毛利 高標(もうり たかすえ、1755年宝暦5年)- 1801年9月14日享和元年8月7日))は、豊後国佐伯藩の第8代藩主。

第7代藩主・毛利高丘の次男。母は鳥居忠瞭の娘。正室は加藤泰衑の娘。子は毛利高誠(長男)、小笠原政雍(次男)、娘(織田長裕室)。官位は従五位下、和泉守、伊勢守。は培松。霞山、寛竜の号を用いた。通称は彦三郎。

江戸にて生まれる。宝暦10年(1760年)8月9日、父の死去により家督を継いで藩主となった。安永元年(1772年)12月、従五位下和泉守に叙任する。宝暦14年(1764年)1月に城下にて大火事が発生し、さらにその後も天災が相次いで藩財政は破綻寸前となった。このため高標は、財政再建を主とした藩政改革に乗り出し、厳しい倹約令や知行200石以上の者の半減、藩札の発行や、藩校・四教堂の開設による文武奨励などを行なった。特に高標の文武奨励政策は、天明元年(1781年)に佐伯文庫が開設されて画書数が8万冊、その他にも漢籍、医学書、仏書、史書、蘭学書などが集まるなど、大いなる治績を残している。

享和元年(1801年)8月7日、47歳で死去し、跡を長男・高誠が継いだ。法号は寛竜院。