織田長裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 長裕(おだ ながひろ、生没年不詳)は江戸時代旗本高家旗本織田長孺の次男。生母は南部信依の娘。通称は仁作、専次郎。官位は従五位侍従・淡路守。

天保6年(1835年12月10日、父長孺の隠居により家督を相続する。天保11年(1840年7月20日高家職に就任、従五位下侍従・淡路守に叙任する。嘉永7年(1854年10月9日、病気を理由に高家職を辞任する。高家末席に列する。安政2年(1855年3月26日隠居し、息子信真に家督を譲る。

正室は毛利高標の娘。継室は田村村資の次女常子(離婚)。息子は信真鐡之丞