池田定常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田定常
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和4年10月3日1767年11月23日
死没 天保4年7月13日1833年8月27日
改名 鐵之助、恒次郎、定常
別名 冠山(
戒名 停雲院冠山
墓所 東京都墨田区弘福寺
鳥取県鳥取市国府町奥谷の鳥取藩主池田家墓所
官位 従五位下縫殿頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
因幡若桜藩
氏族 池田氏(政親流)池田氏(清定流)
父母 池田政勝、朝倉氏
池田定得
兄弟 定常政富
柿沼氏、お妙の方
徽子、煕子、定興、奉姫、恵子、茄子、
恭之助、力三郎、千之丞、常久、昌子、
鎮子、定保定足、房子、奉子、松平露
テンプレートを表示

池田 定常(いけだ さだつね)は、江戸時代中期から後期にかけての大名[1]因幡国若桜藩5代藩主[1]官位従五位下縫殿頭は冠山[1]松平冠山と呼ばれることもある。

生涯[編集]

1000石の旗本池田政勝の次男[1]として誕生した。幼名は鐵之助、恒次郎[2]安永1773年)、先代の若桜藩主・池田定得が嗣子無くして病死した。定得は遺言として、旗本の池田政勝の子・定常を跡継ぎに指名していたため、それに従って定常が家督を継ぐこととなった。

定常は謹厳実直で聡明だったため、小大名ながら諸大名からその存在を知られた。また、教養や文学においても深い造詣を示し、佐藤一斎谷文晁塙保己一林述斎らと深く交流した。そのため、毛利高標佐伯藩)や市橋長昭近江国仁正寺藩)らと共に「柳の間の三学者」とまで呼ばれた。享和2年(1802年)11月、家督を長男・定興に譲って隠居した。隠居後も学者や文学者と交流し、著作活動や研究に力を注いでいる。

定常は政治家としても有能であるが、どちらかというと文学者として高く評価されている。定常の著作である『論語説』や『周易管穂』、『武蔵名所考』や『浅草寺志』は、当時の儒学や古典、地理などを知る上で貴重な史料と高い評価を受けている。寛政8年から翌9年に記した巡見日記が『駿河めぐり』として中川芳雄により翻刻されている[3]。文政6年には、自らの前世を語った勝五郎という農民の少年の元を訪れ『児子再生前世話』(勝五郎再生前生話)を記した[4]

天保4年(1833年)7月13日に死去した。享年67。法号は停雲院冠山。墓所は東京都墨田区弘福寺、鳥取県鳥取市国府町奥谷の鳥取藩主池田家墓所

人物[編集]

父の政勝は定常が幼くして若桜藩の藩主になったとき、教育係の神戸与五郎高橋平五左衛門の2人に、「大名になったからと言って甘やかすな。定常を大名と思わず、旗本と思って厳しく教育せよ。贅沢などはもってのほかだ」と言い聞かせている。定常は父の言葉をよく守り、死ぬまで大名だからといって贅沢な暮らしはしなかった。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 池田定常(いけだ さだつね)とは”. コトバンク. 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ 森銑三ほか編『随筆百花苑 第七巻』中央公論社、1980年、459p。
  3. ^ NCID BA65707598
  4. ^ 勝五郎再生前生話 / 冠山 [編]”. 早稲田大学図書館. 2018年1月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 池田定常「思ひ出草」(『随筆百花苑 第七巻』より、1980年、中央公論社)

関連項目[編集]