加藤泰祉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤泰祉像(如法寺蔵)

加藤 泰祉(かとう やすとみ、天保15年11月18日1844年12月27日) - 元治元年8月16日1864年9月16日))は、伊予大洲藩の第12代藩主。

第11代藩主・加藤泰幹の長男。母は側室の雲林院。正室は文姫(溝口直溥の四女)。官位は従四位下、出羽守。

嘉永6年(1853年)、父の死去により家督を継ぐ。藩政においては藩財政再建や窮民救済に尽くした。幕末期の動乱の中では尊王攘夷派としての立場を取ったが、元治元年(1864年)8月16日に21歳の若さで死去した。跡を弟の泰秋が継いだ。