加藤泰統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤泰統像(如法寺蔵)

加藤 泰統(かとう やすむね、元禄2年10月9日1689年11月20日)- 享保12年6月24日1727年8月11日))は、伊予大洲藩の第4代藩主。

第3代藩主・加藤泰恒の次男。正室は中川久通の娘・厚岸院。子は加藤泰温(長男)。官位は従五位下、出羽守。幼名は巳之助。左門。

元禄2年(1689年)10月9日、大洲にて生まれる。正徳5年(1715年)、父の死去により跡を継いだ。しかし度重なる風水害で大洪水が起こり、さらに城下町の火災も相次ぐなどして藩政は多難に見舞われ、藩財政は窮乏化した。このため、税制改革や藩債の発行、御用銀の供出などを行なったが、あまり効果は無かった。享保12年(1727年)6月24日に死去した。享年39。跡を長男の泰温が継いだ。法号は顕徳院殿恵紹明大居士。墓所は大洲市柚木の冨士山如法寺