加藤泰広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加藤 泰広
時代 江戸時代中期
生誕 宝永7年3月17日1710年4月15日
死没 天明5年2月16日1785年3月26日
改名 泰春(初名)、泰広
別名 右京(通称)
墓所 愛媛県大洲市新谷の大恩寺
官位 従五位下織部正
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
伊予新谷藩
氏族 加藤氏(光泰系)
父母 父:加藤泰恒、母:法心院
養父:加藤泰貫
兄弟 泰統泰都泰広板倉昌信正室、徳大寺実憲室ら
正室:大関増恒
泰宦高力直道(6男)、安西政泰(7男)、近藤用常正室ら
テンプレートを表示

加藤 泰広(かとう やすひろ)は、江戸時代中期の大名。通称は右京。伊予国新谷藩4代藩主。

略歴[編集]

大洲藩主・加藤泰恒の七男として誕生。

享保9年(1724年)閏4月16日、先代藩主で従兄の加藤泰貫の養嗣子となる。享保12年(1727年)12月18日に叙任する。教養に優れた人物で、藩士子弟の教育化に尽くした。駿府加番も務めている。宝暦6年(1756年)8月26日、長男の泰宦に家督を譲って隠居し、天明5年(1785年)2月16日に新谷で死去した。享年76。