加藤泰賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 泰賢(かとう やすまさ、明和4年4月22日1767年5月19日)- 文政13年10月21日1830年12月5日))は、伊予新谷藩の第6代藩主。

第5代藩主・加藤泰宦の長男。母は松平近貞の娘・宣遊院。正室は加藤泰衑の娘・恭心院。継室は板倉勝矩の娘・琴。継々室は鳥居忠求の娘・謡台院。子は加藤泰儔(長男)、加藤泰好(次男)、娘(脇坂安能室)。官位は従五位下、出雲守。幼名は覚十郎。

明和8年(1771年)、父の死去で跡を継ぐ。天明3年(1783年)には藩校求道軒を創設して藩士子弟の養育に努めたが、寛政12年(1800年)より駿府加番となったためにそのための出費、並びに藩内における災害で凶作が相次ぎ、藩財政が破綻寸前となった。このため、倹約を徹底し、さらに藩士の知行削減や御用銀の拠出を行なったが、文化6年(1809年)、本家に援助を要請する。そして、新谷藩は事実上、大洲藩の管理下に置かれることとなった。そしてこの責任を取る形で、文化7年(1810年)3月10日、長男・泰儔に家督を譲って隠居し、翌年3月18日には剃髪した。文政13年(1830年)10月21日、64歳で死去した。法号は観信院殿道源宗徹大居士。墓所は愛媛県大洲市新谷の法眼寺。