加藤泰宦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加藤 泰宦
時代 江戸時代中期
生誕 元文2年5月8日1737年6月6日
死没 明和8年7月4日1771年8月14日
改名 右門(幼名)、泰宦
戒名 仁良院殿謙巌恵譲大居士
墓所 愛媛県大洲市新谷の大恩寺
官位 従五位下近江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
伊予新谷藩
氏族 加藤氏(光泰系)
父母 父:加藤泰広、母:原田氏
兄弟 泰宦高力直道安西政泰近藤用常正室ら
正室:宣遊院松平近貞の娘)
泰賢泰由大久保教富正室
テンプレートを表示

加藤 泰宦(かとう やすのぶ)は、江戸時代中期の大名伊予国新谷藩5代藩主。

略歴[編集]

4代藩主・加藤泰広の長男として誕生。

宝暦6年(1756年)8月26日、父の隠居で跡を継ぐ。駿府加番朝鮮通信使の接待役を務めた。明和8年(1771年)7月4日、35歳で死去し、跡を長男の泰賢が継いだ。