加藤明経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加藤明経
時代 江戸時代中期
生誕 享保8年10月21日1723年11月18日
死没 延享3年8月28日1746年10月12日
別名 孫三郎(通称)、明通
戒名 通入院釋宗甫
墓所 京都府京都市東山区五条坂の大谷墓地
官位 伊勢
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
近江水口藩
氏族 加藤氏
父母 父:加藤嘉矩
母:松浦棟の養女(秋月種封の娘)
正室内藤信輝の娘
娘(加藤明堯正室)
養子:明煕
テンプレートを表示

加藤 明経(かとう あきつね)は、近江水口藩の第2代藩主。水口藩加藤家6代。

生涯[編集]

享保8年(1723年)10月21日、第3代藩主・加藤嘉矩の長男として江戸藩邸で生まれる。享保9年(1724年)に父が死去したため、家督を継いで第4代藩主となる。元文3年(1738年)12月18日、伊勢守に任官した。

しかし病弱であったため、延享3年(1746年)8月28日に死去。享年24。跡を養子の明煕が継いだ。