加藤明成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
加藤明成
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正20年(1592年
死没 万治4年1月21日1661年2月20日
別名 孫次郎(幼名)、休意(号)
戒名 円通院休意
墓所 京都市東山の東大谷墓地
官位 従五位下、従四位下、式部少輔。侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
陸奥会津藩
氏族 加藤氏
父母 父:加藤嘉明、母:堀部市右衛門の娘
兄弟 姉(松下重綱室)、姉(池田長政室、のち日野光慶室)、明成明信(監物)、明利、妹(南部重直室も、後に病身より離縁)
正室:保科正直の娘
明友、娘(青山幸利正室)、娘(池田薫彰継室、のち溝口政良継室)

加藤 明成(かとう あきなり)は、江戸時代前期の大名陸奥国会津藩の第2代藩主。水口藩加藤家2代。

生涯[編集]

天正20年(1592年)、加藤嘉明の長男として生まれる。寛永8年(1631年)の父の死後、家督と会津藩40万石の所領を相続した。慶長16年(1611年)の会津地震で倒壊し、傾いたままだった蒲生時代の七層の若松城天守閣を、幕末まで威容を誇った五層に改め、城下町の整備を図って近世会津の基礎を築く。

堀主水を始めとする反明成派の家臣たちが出奔すると、これを追跡して殺害させるという事件(会津騒動)を起こし、そのことを幕府に咎められて改易された。その後、長男・明友が封じられた石見国吉永藩に下って隠居し、万治4年(1661年)1月21日に死去した。享年70。

長男(庶子)の明友は、はじめ家臣に養われていたが取り立てられ、加藤内蔵助明友と名乗って加藤家を継いだ。天和2年(1682年)には近江国水口藩2万石に加増転封され、加藤家は幕末まで存続した。

創作における加藤明成[編集]

  • 山田風太郎の長編小説『柳生忍法帖』における明成は、荒淫残虐で暗愚な暴君として描かれている。
  • 中村彰彦の短編小説「亡霊お花」における明成は、一種の偏執狂で、片意地な性格の人物として描かれている。
  • 南條範夫の短編集『大名廃絶録』にも、短編小説「加藤式部少輔明成」が収録されている。
  • 田宮虎彦の『寛永主従記』にも、明成に関する記述がある。
先代:
加藤嘉明
加藤氏歴代当主
1631年 - 1643年
次代:
加藤明友