賀島政一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

賀島 政一(かしま まさかず、1875年明治8年)3月20日[1] - 1942年昭和17年)12月31日[2])は、旧徳島藩家老賀島家14代当主。男爵

父は徳島藩家老賀島政範。妻は酒井忠匡の娘・克子。子は賀島政長

経歴[編集]

旧徳島藩家老賀島政範の子として生まれる。1885年(明治18年)父政範隠居により家督相続。1900年(明治33年)父政範明治維新への功績により、男爵に叙され華族となる。1942年(昭和17年)死去。享年67歳。没後襲爵手続きを行わなかったため、賀島家は華族の栄典を喪失した[2]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.412
  2. ^ a b 『官報』第5076号「彙報」1943年12月13日。
  3. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
賀島家初代
1900年 - 1942年
次代:
栄典喪失