松平近明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 近明(まつだいら ちかあきら、元禄15年8月12日1702年9月3日) - 宝暦5年4月21日1755年5月31日))は、出雲広瀬藩の第4代藩主。直政系越前松平家広瀬藩分家4代。

第2代藩主・松平近時の四男。母は側室・大竹氏。側室に千寿院。子に松平近輝(長男)、松平近哲(次男)、松平近貞(三男)、娘(渡辺信綱正室)。官位は従五位下、肥前守、式部少輔、近江守。幼名は亀之助。

江戸にて生まれる。享保13年(1728年)、兄の近朝が死去した際、その養子として家督を継いだ。享保17年(1732年)から大飢饉に見舞われたため、幕府から3000両を借りて何とか窮状を凌いだが、享保20年(1735年)にも飢饉に遭うなど、藩政は多難を極め、財政難が始まった。また、近明は生来から病弱で、入国したことがあるのは1回だけ、しかも登城する時にも代理人を立てるなどの有様で、寛延2年(1749年)8月9日に家督を長男の近輝に譲って隠居し、猪寛と号した。宝暦5年(1755年)4月21日、江戸にて死去した。享年54。法号は瑞雲院。