松平長恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平長恒
時代 江戸時代中期
生誕 正徳6年3月2日1716年4月23日
死没 安永8年3月20日1779年5月6日
改名 勝千代(幼名)、長恒
別名 勘九郎(通称
戒名 影現院殿心誉想月忠厳大居士
墓所 山形県上山市軽井沢の浄光寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
出羽上山藩
氏族 藤井松平家
父母 松平信通、熊谷氏
兄弟 次郎四郎、長恒
信将
テンプレートを表示

松平 長恒(まつだいら ながつね)は、江戸時代中期の大名出羽国上山藩2代藩主。藤井松平家嫡流8代。

生涯[編集]

正徳6年(1716年)3月2日、松平信通の次男として誕生した。享保7年(1722年)、父の死去により家督を継ぐが、生来から病弱で藩政を執れなかったため、享保17年12月12日(1733年)に傍流の伊賀守家より信将を養子とし、家督を譲って隠居した。長恒は将軍への御目見を果たしていなかったが、親族の合意で相続を願い出て、藤井松平家が徳川(松平)家の庶流一族であることから、特例としてそれが認められる形となった[1]

正室を迎えてもおらず、上述のように病弱であったとされるにもかかわらず、長恒は信将より18年も長生きし、安永8年(1779年)3月20日に死去した。享年64。

異説として、長恒は享保13年(1728年)10月4日に13歳で病死しており、その後は家臣団によって長恒の影武者に家臣の子が立てられ、末期養子出願の基準となる17歳までしのいだ後に松平家の正当な血を引く縁者への家督相続が進められた、ともされる[2]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.204-205
  2. ^ 『お家相続 大名家の苦闘』p.210-211:『上山市史』が引く松平家の史料による。

参考文献[編集]