松平信通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信通
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝4年9月24日1676年10月31日
死没 享保7年9月22日1722年10月31日
改名 信道
別名 次郎四郎(通称
戒名 涼応院殿咸誉道義大居士
墓所 東京都港区高輪の松光寺
官位 従五位下中務少輔山城守大隅守越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
大和興留藩主、備中庭瀬藩主、出羽上山藩
氏族 藤井松平家
父母 松平信之小出吉英五女
兄弟 忠之信通戸田氏定正室、誓教院
板倉重常
熊谷氏、宮崎氏
次郎四郎、長恒加藤明治正室
テンプレートを表示

松平 信通(まつだいら のぶみち)は、江戸時代前期から中期にかけての大名大和国興留藩主、のちに藤井松平家嫡流の家督を継ぎ備中国庭瀬藩主、出羽国上山藩初代藩主。官位従五位下中務少輔山城守大隅守越中守。藤井松平家嫡流7代。

生涯[編集]

延宝4年(1676年)9月24日、老中松平信之(当時は播磨明石藩主、のち大和郡山藩主を経て下総古河藩主)の次男として誕生した。父の死後、本家の家督は長兄・忠之が継いだが、このとき父の所領9万石から1万石を分与されて、大和興留藩主となった。

しかし元禄6年(1693年)に忠之が発狂したとして改易されたため、兄の身柄を預かって、なおかつ幕命により藤井松平本家の家督を相続することとなった。そして2万石加増の3万石で備中庭瀬に加増移封となった。元禄7年(1694年)12月28日、従五位下、中務少輔に叙位・任官される。

元禄10年(1697年)9月15日、出羽上山に移封される。しかし上山城修築、大坂城番、和田倉門番、駿府加番などの諸役で藩財政が困窮したため、家臣の整理を行なっている。宝永4年(1707年)2月23日、山城守に遷任し、正徳4年(1714年)9月に大隅守に遷任する。正徳5年(1715年)4月には越中守に遷任した。

享保7年(1722年)、大坂加番に任じられて大坂に赴いていたが、まもなく病に倒れ、9月22日(異説として9月20日)に死去した。享年47。跡を次男の長恒が継いだ。

系譜[編集]