戸沢正胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
戸沢 正胤
時代 江戸時代後期
生誕 寛政4年12月10日1793年1月21日
死没 安政5年7月13日1858年8月21日
改名 金太郎(幼名)、正胤
別名 正礼(別名)
戒名 賢徳院義翁仁道
墓所 東京都港区三田の常林寺瑞雲院
官位 従五位下、大和守、右京亮
幕府 江戸幕府
出羽国新庄藩
氏族 戸沢氏
父母 父:戸沢正親、母:美直院
正室:伊与姫蜂須賀治昭の養女・実妹)
側室:八重、菊之江、花枝
正賜正令正啓(三男)、正紀(四男)、正彬(五男)、お晋(土井利忠正室)、お透(松平信宝室)、たか(楢岡光村室)、とも(本堂親民室)、楢岡信之助

戸沢 正胤(とざわ まさつぐ)は、出羽新庄藩の第9代藩主。

生涯[編集]

寛政4年(1792年)12月10日、第8代藩主・正親の長男として生まれる。寛政8年(1796年)の父の死去により家督を継ぐ。藩財政を再建するため、文政元年(1818年)に国産方を設置して織物業の奨励・振興に尽力し、亀絞織を創始した。そのほかにも困窮者の救済にあたっている。天保11年(1840年)3月18日、家督を次男・正令に譲って隠居した。

しかし正令が天保14年(1843年)に早世したため、孫の正実を第11代藩主となし、自らは幼少の正実を補佐している。安政5年(1858年)7月13日に死去した。享年67。