松平忠栄 (亀山藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠栄(まつだいら ただひで、寛永17年(1640年) - ?)は、丹波亀山藩の嫡子。

播磨国明石藩主・松平忠国の五男。母は戸田氏鉄の娘。娘は加藤明治室。官位は従五位下、図書頭。

従兄弟の忠俊が早世したため、万治2年(1659年)に叔父の亀山藩主・松平忠晴の養子となり徳川家綱に初御目見するが、寛文6年(1666年)に廃嫡された。代わって、忠晴の次男・忠昭が嫡子となり、のち家督を継いだ。