船上城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
船上城
兵庫県
本丸跡にある祠
本丸跡にある
別名 明石城、明石古城、林ノ城
城郭構造 平城、水城
天守構造 不明(小天守が推定される)
築城主 別所吉親
築城年 永禄年間か1586年(天正14年)
主な改修者 高山右近
主な城主 蜂須賀正勝、高山右近、池田利政
廃城年 元和2年(1616年
遺構 本丸跡、水土塁、長屋門
指定文化財 明石市指定文化財(長屋門が)
再建造物 長屋門が移築門
位置 北緯34度38分52.299秒
東経134度58分29.591秒
座標: 北緯34度38分52.299秒 東経134度58分29.591秒
地図
船上城の位置(兵庫県内)
船上城
船上城

船上城(ふなげじょう)は、播磨国明石郡兵庫県明石市新明町)にあった日本の城で、明石川河口の西側、明石海峡に面した部分と明石川の湿地帯に築城された平城、水城でもある。

沿革[編集]

この城の築城については二説ある。別所吉親が林ノ城として築いた城と、高山右近が船上城として築城した城とがある。林ノ城が一旦廃城となり、その後右近が新たに築城しなおしたのではないかと考えられている。

林ノ城時代[編集]

永禄年間に三木城別所氏支城となり、別所長治の叔父別所吉親が築城したと言われている。この城の城下にある浄蓮寺に別所吉親が本尊と伝わる観音像が安置されている。その後、大屋肥後守が城主となり天正6年(1578年)の三木合戦織田信長方の稲田植元に占領され、天正8年(1580年)に蜂須賀正勝に与えられ、生駒政勝に城主が移り天正13年(1585年)に一旦廃城となった。

船上城時代[編集]

高山右近像

豊臣秀吉四国征伐長宗我部元親を降して関白となり、大規模な国替えを実行することになる。「天正の国替え」と呼ばれている。この時の国替えで明石則実に代わって明石郡を与えられた高山右近は、高槻城から一旦枝吉城に入城し、船上城の築城と城下町の建設に取り掛かった。この時林ノ城をベースに改修した説と全く新しい城を築城した説がある。しかし『ひょうごの城紀行』によると「新しい資料が発掘でもされない限りは決着されそうにない」としている。天正14年(1586年)には城と城下町は完成したのではないかと考えられている。

高山右近は武将茶人で名築城家でもあったが、キリシタン大名でもあった。高槻城の周辺では領民のみならず僧侶までもがキリシタンとなっていたため、明石郡の寺院はなくなってしまうのではと危機感を覚えた僧侶達は、仏像に運んで秀吉の母大政所がいる大坂で窮状を訴えた。この時の様子をルイス・フロイスの『日本史』によると秀吉は「右近は領主としてそこで自由に振舞ってしかるべきである」と取りあわず、仏像は天王寺に移され、僧侶達は明石から追放されたと言われている。城内にあったと思われている宝蔵寺[要曖昧さ回避]は空き家となり教会として使用され外国人宣教師が数人常駐していた。『郷土の城ものがたり』によると高山右近が船上城に在城中に二千名が信者となったそうである。

現在の本丸周辺の耕作地
明石城の巽櫓/船上城の移築櫓と推定されている

船上城は水城でもあった。船上川河口部にを築き、秀吉から大船二艘(もしくは小舟二百艘との説もある)を与えられ、宣教師から便も含め、瀬戸内航路を利用してに行き来する貿易船の中継港としても使用されていた。

その後、右近は天正15年(1587年)に発令されたバテレン追放令によって船上城を追放されてしまった。築城後わずか2年間で退城したことになる。右近は前田利家に迎え入れられ、築城家としての技術を見込まれ『日本城郭大系』によると金沢城を修築し、高岡城富山城を築城されたと言われている。また武将としての力量もあったらしく前田氏の武将として数多くの合戦に参加し多くの武功をあげた。その後鎖国される前年、慶長19年(1614年)のキリスト教禁止令によってマニラに追放され翌慶長20年(1615年)に没した。63歳であった。

右近の追放後は秀吉の直轄領となり何人かの城番が置かれたようである。文禄元年(1592年)3月、肥前名護屋城に向かう秀吉が船上城に立ち寄ったと思われている。この時期城下町は東西に更に拡張されたと考えられている。

関ヶ原の戦いの後、播磨は姫路藩52万が立藩、池田輝政が領有することになり姫路城を居城とし、領内に7ヵ所の城を所有し船上城は支城としていた。その中で池田輝政の8男利政が城主となった。その後、慶長13年(1608年)には輝政の甥の由之が明石郡の4万石で治めた。

慶長20年(1615年)の大坂の陣大坂城が落城すると、江戸幕府は「一国一城令」で船上城は支城としての機能は失ったと思われている。そして翌元和2年(1616年)には池田光政らは鳥取城に移動(鳥取藩)、代わって小笠原忠真が船上城に入城し東播磨に明石藩が新設された。元和5年(1619年)に明石城を築城したため、船上城は廃城となった。右近が船上城としてから33年後のことであった。

明石城築城の際には、建築部材に船上城の部材を使用した(明石城の巽櫓は船上城の天守を移築したものと伝えられている)と言われている。現在はほとんどが宅地農地になっている。農地の真ん中に小さな神社が建てられており、船上城の説明看板も立てられている。

城郭[編集]

船上城の推定城郭部分/国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

現在の船上城跡は、田んぼの真ん中に高さ3mの小さい台地にある本丸跡、古城大明神の祠が安置されているだけである。戦前はこの台地もかなり広かったらしいが、急速に削られている。また船岡城の侍屋敷の長屋門と伝われているものが、織田家長屋門が明石市指定文化財として残されている。

当時の船上城の様子は天理図書館が所蔵している『慶長播磨国絵図』に「明石古城」として記載があり、また『小笠原忠真一代覚書』によると大坂の役までの遺構として、門、塀、殿主(天守)がある。『ひょうごの城紀行』によると船上城の天守は「二層の建物の上に望楼を取り付けた三層のものだったのではないか」と推測している。 

船上城と地名と推定遺構
旧地名 古城 門田 獅子投丁 田町屋敷
推定遺構 本丸跡と思われる 城門跡と思われる 城の大手門跡と思われる 侍屋敷跡と思われる
旧地名 寺田町 山王神社 宝蔵寺 古波場
推定遺構 寺町跡と思われる 現在は林神社に合祀されている キリスト教会に転用された 水門跡と思われる

発掘調査[編集]

船上城の案内看板
船上城の堀跡

船上城は周辺の開発に伴って何度か発掘調査が行われた。特に平成19年(2007年)に明石市教育委員会が実施した発掘調査では、武家屋敷と思われる遺構や磁器を含めた遺物2000点が出土した。武家屋敷跡は柱穴(約70cm)跡が2m間隔で南北に3棟発掘された。また遺物に関しては江戸時代初期の織部焼唐津焼、中国製磁器、江戸時代中期の寛永通宝などが入った棺おけや、「寺」の文字が刻まれたが出土した。これにより明石市教育委員会では「廃城後も、寺が建設されるなど町として機能し続けていたのではないか」と推測している。

城跡へのアクセス[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]