小田原藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小田原藩(おだわらはん)は、江戸時代相模国足柄下郡を治めた。藩庁は小田原城神奈川県小田原市)。

藩史[編集]

1590年天正18年)の小田原征伐で小田原の後北条氏豊臣秀吉に滅ぼされると、徳川家康関東に入部し、東国の押さえとして譜代大久保忠世を小田原城主とした。領国は足柄上郡、下郡147ヶ村4万石であった。1594年文禄3年)、忠世が没すると、嫡子忠隣が後継となり、武蔵羽生に2万石を加増された。忠隣はさらに老中として幕閣に入ったが、1614年慶長19年)に改易となり、小田原城は破却され、以後5年間は番城となった。

1619年元和5年)、上総大多喜城主阿部正次が5万石で小田原へ入封したが、4年後には岩槻藩に転封となった。小田原城は再び番城となる。

1632年寛永9年)、下野国真岡藩から稲葉正勝が8万5千石で入封した。稲葉氏は第3代将軍・徳川家光の乳母・春日局の子で、正勝の後は正則、正道と続いた。いずれも幕府の老中に就任している。この稲葉氏の時代に藩の治世が確立した。稲葉氏は1685年貞享2年)に越後高田藩へ転封する。

1686年(貞享3年)に、下総佐倉藩主・大久保忠朝が10万3千石で入封した。大久保忠朝は小田原藩最初の藩主・大久保忠世の5代目にあたり、当時は幕府の老中であった。以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。なお、大久保氏の歴代藩主の多くが、幕閣として活躍したが、そのために出費も重なり、財政難にあっている。

1707年宝永4年)に富士山宝永噴火で領内の広い範囲で農業が困難になる。翌年、藩領のうち被害が甚大な駿河国駿東郡や相模国足柄上郡足柄下郡淘綾郡高座郡の約5万6384石・197か村が幕府直轄領となり、村々は復興するにしたがって小田原藩に戻された。小田原藩はその間、別の地域を領地として与えられた[1]

歴代藩主[編集]

大久保家[編集]

譜代 - 4万5千石→6万5千石

氏名 よみ 官位・官職 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 忠世 ただよ 1590年 - 1594年
天正18年 - 文禄3年)
大久保忠員の長男
2 忠隣 ただちか 従五位下
相模守
1594年 - 1614年
(文禄3年 - 慶長19年)
先代の長男

阿部家[編集]

譜代 - 5万石

氏名 よみ 官位・官職 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 正次 まさつぐ 従四位下
備中守
1619年 - 1623年
元和5年 - 元和9年)
阿部正勝の長男

稲葉家[編集]

譜代 - 8万5千石→10万2千石

氏名 よみ 官位・官職 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 正勝 まさかつ 従五位下
丹後守
1632年 - 1634年
寛永9年 - 寛永11年)
稲葉正成の3男
2 正則 まさのり 従四位下
美濃守
1634年 - 1683年
(寛永11年 - 天和3年)
先代の2男
3 正往 まさみち 従四位下
丹後守・侍従
1683年 - 1685年
(天和3年 - 貞享2年)
先代の長男

大久保家[編集]

譜代 - 10万3千石→11万3千石

氏名 よみ 官位・官職 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 忠朝 ただとも 従四位下
加賀守侍従
1686年 - 1698年
貞享3年 - 元禄11年)
大久保教隆の2男
大久保忠職の養子
2 忠増 ただます 従四位下
加賀守・侍従
1698年 - 1713年
(元禄11年 - 正徳3年)
先代の長男
3 忠方 ただまさ 従四位下
加賀守
1713年 - 1732年
(正徳3年 - 享保17年)
先代の長男
4 忠興 ただおき 従四位下
大蔵大輔
1732年 - 1763年
(享保17年 - 宝暦13年)
5 忠由 ただよし 従五位下
加賀守
1763年 - 1769年
(宝暦13年 - 明和6年)
6 忠顕 ただあき 従五位下
加賀守
1769年 - 1796年
(明和6年 - 寛政8年)
先代の長男
7 忠真 ただざね 従四位下
加賀守・侍従
1796年 - 1837年
(寛政8年 - 天保8年)
先代の長男
8 忠愨 ただなお 従四位下
加賀守
1837年 - 1859年
(天保8年 - 安政6年)
先代の孫
大久保忠脩の長男
9 忠礼 ただのり 従五位下
加賀守
1859年 - 1868年
(安政6年 - 明治元年)
讃岐高松藩主松平頼恕の7男
10 忠良 ただよし 従五位下
加賀守
1868年 - 1871年
(明治元年 - 明治4年)
相模荻野山中藩主大久保教義の長男

幕末の領地[編集]

明治維新後に、足柄上郡6村、足柄下郡3村、淘綾郡17村、大住郡5村(いずれも旧旗本領)が加わった。

小田原県[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中央防災会議『災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1707 富士山宝永噴火』、2006年3月 - 第4章一次災害への国家的対応と社会的影響 (PDF)
  2. ^ 法令全書第4冊明治3年太政官布告第544〔参照〕藩知事表 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  3. ^ 立庁記念日 - 神奈川県
  4. ^ 明治4年太政官布告第594 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

関連項目[編集]

先代:
相模国
行政区の変遷
1686年 - 1871年 (小田原藩→小田原県)
次代:
足柄県