小幡藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藩邸御殿跡
楽山園

小幡藩(おばたはん)は、上野甘楽郡小幡に存在した。藩庁は小幡陣屋(のち小幡城、現在の群馬県甘楽郡甘楽町小幡)に営まれた。

概要と藩史[編集]

小田原征伐後、小幡には徳川家康の娘婿・奥平信昌が3万石で入った。慶長6年(1601年)3月、前年の関ヶ原の戦いの戦功により、信昌は美濃加納藩10万石に加増移封され、翌年に1万石で水野忠清が入った。その後の元和元年(1615年)7月23日、織田信長の次男・信雄大和宇陀藩3万石と上野甘楽郡2万石を与えられた。元和2年(1616年)から翌元和3年(1617年)まで藩主を務めた永井直勝を経て、信雄の四男・信良が小幡藩を立藩する。大和には信雄自身が入り、上野に対しては信良に預けた。信長の孫であるという経緯から、特別に国主格の待遇を与えられた。第2代藩主・信昌のときに検地が行なわれて藩政の基礎が固められた。しかし信昌の治世末期から財政難が始まり、宝暦5年(1755年)の第5代藩主織田信右の代には収入が6,269両であるのに対して、支出が2倍近くの1万2,844両というとんでもないものであった。第7代藩主・信邦の代である明和4年(1767年)、山県大弐明和事件に連座して信邦は蟄居処分となり、信邦の後を継いだ養嗣子・信浮出羽高畠藩へ移された。このとき、国主格の待遇も廃止された。

代わって上野上里見藩より、若年寄松平忠恒が2万石で入る。奥平松平家の歴代藩主4人は若年寄、寺社奉行、奏者番などを歴任した。しかし藩財政の困窮化と領内の荒廃化が進み、寛政11年(1799年)に困窮農民救済の低利貸付金制度(恵民講)を制度化したが、効果はなかった。藩の借金であるが、天保15年(1844年)には収入に対して借金が10倍近くの7万4,032両にまでなっていたと言われている。幕末期には激動の波に飲み込まれて見るべきところもほとんどなく、明治元年(1868年)の戊辰戦争では新政府側に与して藩を維持するのが精一杯であった。翌年の版籍奉還で最後の藩主・忠恕知藩事となり、明治4年の廃藩置県で小幡藩は廃されて小幡県となり、同年10月には群馬県に編入された。

歴代藩主[編集]

奥平家[編集]

譜代 3万石

  1. 信昌(のぶまさ)〔従五位下、美作守〕

水野家[編集]

譜代 1万石

  1. 忠清(ただきよ)〔従五位下、隼人正〕

永井家[編集]

譜代 1.7万石

  1. 直勝(なおかつ)〔従五位下、右近大夫〕

織田家[編集]

外様 2万石

  1. 信良(のぶよし)〔従四位下、左少将〕
  2. 信昌(のぶまさ)〔従四位下、兵部大輔〕
  3. 信久(のぶひさ)〔従四位下、越前守 侍従〕
  4. 信就(のぶなり)〔従四位下、美濃守 侍従〕
  5. 信右(のぶすけ)〔従四位下、兵部大輔〕
  6. 信富(のぶとみ)〔従五位下、和泉守〕
  7. 信邦(のぶくに)〔従五位下、美濃守〕

松平(奥平)家[編集]

譜代 2万石

  1. 忠恒(ただつね)〔従五位下、宮内少輔〕
  2. 忠福(ただよし)〔従五位下、采女正〕
  3. 忠恵(ただしげ)〔従五位下、宮内少輔〕
  4. 忠恕(ただゆき)〔従五位下、摂津守〕

幕末の領地[編集]

関連項目[編集]

先代:
上野国
行政区の変遷
1617年 - 1871年 (小幡藩→小幡県)
次代:
群馬県(第1次)