松平忠恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠恒
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年(1720年
死没 明和5年11月8日1768年12月16日
改名 定太郎(幼名)、忠恒
戒名 徳翁義光大謙院
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下、大蔵少輔、宮内少輔、摂津
幕府 江戸幕府
陸奥国桑折藩主→上野国篠塚藩
上野国上里見藩→上野国小幡藩
氏族 奥平松平家
父母 父:松平忠暁、母:黒田直邦の娘
兄弟 忠衙忠恒
正室:津軽信興の娘
忠福、大久保忠恕(次男)、
娘(内藤信凭正室)、
娘(松平乗佑養女・井上正定正室)、
娘(五井松平忠順室)、娘(本多忠昭室)、
娘(桑原盛員養女)

松平 忠恒(まつだいら ただつね)は、陸奥桑折藩の第3代藩主、のち上野篠塚藩、上野上里見藩を経て上野小幡藩の初代藩主。忠尚系奥平松平家3代。

生涯[編集]

享保5年(1720年)、桑折藩第2代藩主松平忠暁の次男として生まれる。兄の忠衙が早世したため嫡子となる。享保19年(1734年)に叙任し、元文元年(1736年)の父の死去により跡を継いだ。延享4年(1747年)3月に奏者番となり、同年7月に上野篠塚に移封となる。9月には寺社奉行を兼任することとなる。寛延元年(1748年)8月には上里見に移り、同年10月には若年寄にまで栄進した。明和5年(1767年)閏9月28日に小幡に移封されたが、翌年11月8日に死去した。跡を長男の忠福が継いだ。