織田信就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信就(おだ のぶなり、寛文元年(1661年) - 享保16年6月10日1731年7月13日))は、上野小幡藩の第4代藩主。第3代藩主織田信久の次男。養母は稲葉信通の娘。通称は八、伊織、帯刀。官位は従四位侍従美濃守。

生涯[編集]

生母は信久の側室であり、系譜上は次男になっているものの、庶長子であったようである。元禄7年(1694年)、信久と正室の稲葉氏の間に生まれた兄の信盛、弟の信知の死去にともなって嫡子となる。同年12月15日に将軍徳川綱吉御目見、12月18日に従五位下美濃守に叙任する。後に従四位下侍従に昇進する。

正徳4年(1714年)8月23日、父の死去により家督を継いだ。正徳5年(1715年)6月15日に藩主として初めてお国入りする許可を得る。父の時代から小幡藩の財政はすでに破綻寸前となっていたため、これを再建するために改革に取り組もうとしたが、領民たちが年貢減免と助郷軽減を訴え、挙句の果てには織田氏の領土から幕府の直轄領に変えてくれと嘆願する有様であったと言われている。このため、信就は年貢を1割減免し、税制を定免制度に変えざるを得なくなったと言われている。

享保16年(1731年)6月10日、71歳で死去した。法号は乾瑞院亭巌元貞。

長男の信房、次いで三男の信乗が病のため廃嫡され、次男の信常も病弱で嫡子とされず、四男の信右が跡を継いだ。

子は上述の他に、織田長顕(五男)、織田信富(七男)、津田長季(八男)、娘(津田正春正室)ら8男3女がいた。正室はいない。なお、「御代々様・御連枝様方御事跡」には9男3女とある。