織田信美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信美(おだ のぶかず、寛政5年7月9日1793年8月15日) - 天保7年8月4日1836年9月14日))は、出羽国高畠藩の第2代藩主、のち天童藩の初代藩主。高畠藩の初代藩主・織田信浮の九男。母は小笠原長恭の娘。なお、『寛政重修諸家譜』では信浮の三男としており、早世した兄を省略するなど、故意に操作を行っている。正室は大村純鎮の三女章姫。継室は戸田忠翰の四女朝子。子は織田信学(長男)など3男3女がある。幼名は百太郎。官位は従五位若狭守、越前守。

生涯[編集]

文化7年(1810年)11月1日、11代将軍徳川家斉御目見をする。文政元年(1818年)12月27日、父の死去により家督を継ぐ。文政3年(1806年)12月16日、従五位下越前守に叙任する。

文政11年(1828年)5月24日、幕府から出羽国村山郡天童村に陣屋を移転する許可を得る。文政9年(1826年)に高畠陣屋が2度目の焼失に見舞われたこと、また寛政12年(1800年)に陸奥信夫郡の藩領が出羽村山郡の幕領と交換されて、藩領の大部分が村山郡に存在することになったためである。陣屋の移転にともない、町の整備などに尽力した。天保7年(1836年)8月4日、44歳で死去し、跡を長男の信学が継いだ。法号は恭徳院清巌良義大居士。墓所は東京都文京区向丘の高林寺。