織田寿重丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 寿重丸(おだ すえまる、慶応2年2月20日1866年4月5日) - 明治4年5月9日1871年6月26日))は、出羽国天童藩の第4代藩主。第2代藩主・織田信学の六男。

生涯[編集]

天童にて生まれる。1868年12月7日、新政府は戊辰戦争で新政府に対し、反抗した天童藩主の兄信敏に2000石没収の上で隠居を命じた。同年12月18日、信敏の隠居により養子となった寿重丸が家督を継いだ。

1869年4月2日に版籍奉還し、同年6月22日に天童藩知事となった。同年7月19日、幼少のために寿重丸は免職となり、隠居していた信敏が知藩事になった。それに伴って、寿重丸は信敏の嫡子になった。1871年5月9日、6歳で夭折した。墓所は東京都文京区向丘の高林寺。