織田信親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田信親
Nobuchika Oda.jpg
織田信親(1913年)
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 嘉永3年12月25日1851年1月26日
死没 昭和2年(1927年10月30日
改名 英太郎(幼名)→山崎治安(初名)→織田信成→信親
官位 従五位出雲守、従二位
幕府 江戸幕府
丹波柏原藩主→柏原藩知事
氏族 近江山崎氏織田氏
父母 父:山崎治正、養父:織田信民
兄弟 山崎治祇信親山崎治敏京極寿吉
正室:詮子新庄直敬の長女)
信大
養女:(実父北条氏恭、北条兼次郎妻)

織田 信親(おだ のぶちか)は、丹波柏原藩第10代藩主、柏原藩知事。高長系織田家13代。爵位は子爵

生涯[編集]

交代寄合(のち備中成羽藩主)・山崎治正の三男。慶応元年(1865年12月14日、第9代藩主信民の末期養子として家督を相続する。第8代藩主信敬細川行芬の三男であり、信親の実父山崎治正の継室は行芬の娘であった。こうした姻戚関係により、信親は織田家の養子に迎えられたと思われる。慶応2年(1866年)12月18日、従五位下出雲守に叙任する。慶応3年(1867年)11月19日、朝廷の求めに応じて上洛する。翌慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いの際には、新政府軍に加わり、京都御所などの警備にあたる。小大名でありながら、かなり早い段階から新政府側に与している。

明治2年(1869年6月22日、柏原藩知事に就任する。明治4年(1871年7月15日廃藩置県により免職となる。明治4年10月15日、旧領柏原において農業に従事することを願う帰農届を承認される。明治6年2月4日、柏原の邸宅が全焼し、一族の千賀正遠の邸宅に移り謹慎する。明治9年、宮中侍侯となる。明治15年(1882年11月16日宮内省に出仕、華族局に配属される。明治18年(1885年12月28日、依願退職する。この間、明治17年(1884年)には子爵になっている。明治23年(1890年7月22日、主猟官に就任する。大正10年(1921年)、高齢を理由に主猟官を辞職する。昭和2年(1927年)10月30日に死去、享年77。