織田教長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 教長(おだ のりなが、生没年不詳)は、室町時代武将。父は織田教信[1]または織田常松[2]。兄弟に織田郷広[1][2]織田常信[1]織田久長[2]織田良信[2]。子に織田久広尾張守護代。尾張下津城主。通称は勘解由左衛門尉。初名は朝長。後に教長(足利義教よりの偏か)[3]

応永35年(1428年)閏3月23日、又守護代織田勘解由左衛門尉」が織田常松から指示を受ける。[4]

正長2年(1429年)4月29日、「織田勘解由左衛門朝長」が守護代として活動。[4]

永享元年(1429年)11月28日、「織田教長」が守護代として活動。[4]

永享元年(1429年)12月27日、「織田勘解由左衛門尉」が斯波義淳から指示を受ける。[4]

2年後の永享3年には守護代として織田淳広の活動が見えるので、それまでに交代したと見られる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『信長公記』の系図
  2. ^ a b c d 『清洲町史』の織田氏推定系図
  3. ^ 斯波義教よりの偏諱との説もあるが、改名時期が斯波義教が死去してから11年後の正長2年であるため、当時、征夷大将軍であった足利義教からの偏諱と見るのが妥当。
  4. ^ a b c d 大徳寺文書