織田久長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田久長
織田宝岩祐居士.jpg
織田宝岩祐居士の肖像
時代 室町時代
別名 弾正左衛門[1](通称)
常祐(法名)
官位 従五位下大和守近江守[2]兵庫助
幕府 室町幕府:尾張守護代
氏族 織田氏
父母 父:織田勝久[3]織田常松[4]織田常竹[注釈 1]
兄弟 敏貞[3]敏仁[3]常丈[3]教長?[4]郷広?[4]良信?[4]
朝倉教景[注釈 2]
敏定[3][4]常寛[3]達広
養子:敏仁[3]

織田 久長(おだ ひさなが、生没年不詳)は、室町時代武将。父は織田勝久[3]または織田常松[4]織田常竹[注釈 1]。兄弟に織田敏貞[3]織田敏仁[3]織田常丈[3]織田教長?[4]織田郷広?[4]織田良信?[4]。正室は朝倉教景[注釈 2]。子に織田敏定[3][4]織田常寛[3]織田達広。養子に織田敏仁[3]官位従五位下大和守、近江守[2]兵庫助通称は弾正左衛門[1]法名は常祐。清洲三奉行の1つ藤左衛門家(小田井織田氏)の祖とされる。尾張楽田城主。

横山住雄によると、朝倉教景の娘に「織田弾正忠久長室」とあり、「弾正忠」の官位が見えることから、織田良信の父であるというが、現時点では「弾正忠久長」による発給文書がないため推測の域を出ない。

文安5年(1448年)、『妙興寺文書』の「天祥庵規式案」によると条文に「織田兵庫助久長」とある[5]

応仁2年(1468年)2月28日、3月27日の「引付記録」に「織田大和守久長」とある[6]

永正元年(1504年)に尾張丹羽郡楽田城を築城し、居城としたとされる。また「織田宝岩祐居士」の肖像画は織田久長とも。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『前野家文書』「武功夜話」、前野家文書を元に作成した瀧喜義著『尾州織田興亡史 』に掲載された系図。
  2. ^ a b 大龍山洞雲寺蔵の「朝倉系図」の朝倉教景の娘に「織田弾正忠久長室、敏定母」とある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『寛政重修諸家譜編』
  2. ^ a b 『天童織田家譜』
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『信長公記』の系図。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『清洲町史』の織田氏推定系図。
  5. ^ 新編一宮町史
  6. ^ 尾張群書系図部集