織田昌澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 昌澄(おだ まさずみ、天正7年(1579年) - 寛永18年3月26日1641年5月5日))は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将、旗本津田信澄の長男。別名は信重。通称は庄九郎、三左衛門、主水、道半斎。

生涯[編集]

父信澄が大溝城主の時に誕生した。生母は明智光秀とその継室妻木煕子の娘のため、光秀と煕子の外孫にあたる。藤堂高虎の家臣として文禄の役に出陣する。後に藤堂家を去り、豊臣家に仕える。大坂冬の陣で高虎の部隊などと戦って活躍し、豊臣秀頼から褒賞を受ける。なお、大坂の陣に際し、長男勘七郎は戦死している。大坂城落城後、徳川方に出頭するものの、高虎のとりなしを受けて徳川家康に助命された。以後、剃髪して道半斎と号する。

元和4年(1618年)11月、将軍徳川秀忠に旗本として召し抱えられ、近江甲賀郡内などで2000石を与えられる。以後、束髪して主水と称する。寛永18年(1641年)3月26日死去、享年63。次男信高が家督を相続した。

正室は安西氏。子女は2男9女。