織田信存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信存(おだ のぶあり、生年不詳 - 弘化3年閏5月2日1846年6月25日))は江戸時代旗本丹波柏原藩主・織田信憑の次男。養父は高家旗本・織田信味。初名は長存。通称は哲之助、謙之助。

生涯[編集]

文化8年(1811年)閏2月15日、将軍・徳川家斉に御目見する。文政6年(1823年12月10日、養父・信味の隠居により、家督を相続する。高家に就任することなく、俗に言う表高家として過ごした。天保11年(1840年3月29日に隠居し、長男・信愛に家督を譲る。弘化3年(1846年)閏5月2日死去。

子女に長男・信愛、房之助時之助、長女・通実(丹波柏原藩主織田信守の養女。松平健吉妻)、養女・九磨(織田信守の四女。井上帯刀妻)らあり。息子・房之助は、分家の旗本織田孝次郎(300石)の養子となり、家督を相続した。彰義隊に参加し、上野戦争の敗北により、切腹した。