織田秀賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 秀賢(おだ ひでかた、享保13年8月4日1728年9月7日)- 天明4年11月16日1784年12月27日))は、大和柳本藩の第8代藩主。尚長流織田家8代。

第7代藩主・織田信方の長男。母は側室(養母は正室の土方豊義の娘)。正室はいない。子は織田秀綿(三男)、織田秀寧(四男)、三淵純之丞(九男、旗本三淵正広の養子)、娘(水野元休室)、娘(日向正肥室)、娘(多賀高賢室)ら9男8女。官位は従五位信濃守、安房守、出羽守。通称は安次郎。

生涯[編集]

柳本にて誕生する。寛保元年(1741年)10月12日、父・信方の死去により、家督を相続する。寛保3年(1743年)11月1日、将軍徳川吉宗御目見する。延享元年(1744年)12月16日、従五位下信濃守に叙任する。宝暦13年(1763年)8月26日に隠居し、弟で養子の長恒に家督を譲る。天明4年(1784年)11月16日、57歳で死去した。墓所は祥雲寺。法号は円証院殿覚翁義正大居士。