織田高重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
織田高重
Oda Takashige.jpg
織田高重(大徳寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年(1602年
死没 寛文元年3月24日1661年4月23日
別名 通称:長十郎
墓所 大徳寺総見院
東京都品川区東海寺清光院
官位 従五位下美作守
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川秀忠家光家綱
氏族 織田氏(信高流高家)
父母 父:織田信高、母:佐々成政娘・光秀院
正室:能勢頼次四女
一之

織田 高重(おだ たかしげ)は、江戸時代前期の旗本通称長十郎官位従五位下美作守織田信長の孫、佐々成政の外孫にあたる。

生涯[編集]

織田信高の長男として誕生した。生母は光秀院(佐々氏)。

慶長7年(1602年12月12日、父・信高の死に伴い、生後間もなく家督を相続する。当時、関ヶ原の戦いで西軍に属した信高は失領していたと思料される。

元和2年(1606年)1月、駿府にて徳川家康に拝謁して従五位下・美作守を与えられる。家康は大勢の拝謁者の中に、木瓜の家紋をつけた高重に目をとめ、信長の孫という説明を受けて官位を与えたという。2000石を領する旗本に列したと考えられる。

高重は旗本寄合に所属し、元和3年(1617年5月26日には、近江国愛知郡に代えて神崎郡に領地を与えられる。寛永12年(1635年)、宇治橋の新造奉行を務める。

寛文元年(1661年)3月24日、死去。享年60。墓地は大徳寺総見院東海寺清光院にある。

系譜[編集]