織田信重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田 信重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 三十郎(通称)
戒名 渓林院殿融雪魯白大居士
官位 従五位下、民部大輔
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
伊勢林藩
氏族 織田氏
父母 父:織田信包
兄弟 信重、寿圭、信則信当
正室:津川義近の娘
直政(長男)、津田長相(三男)、娘(竹中重房室)、娘(土御門泰重室)など4男2女

織田 信重(おだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名伊勢林藩主。織田信包の長男。信包系織田家支流初代。

生涯[編集]

織田氏の家臣・織田信包の長男として誕生。

伯父・織田信長の死後、父・信包と共に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に従い、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いや天正15年(1587年)の九州征伐に従軍し、また文禄3年(1594年)の伏見城築城にも加わっている。同年9月に父が改易されると、伊勢林1万石を与えられたという。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与したため、戦後に所領を安堵された。ところが慶長19年(1614年)の父・信包の死去にともなって、弟・信則が遺領を相続したことに不満を抱いて、大坂の陣後に江戸幕府に対して異議を申し立てた。慶長20年(1615年)閏6月23日、調査の結果、幕府は信則の相続を遺言によるものとの判断を信重に伝え、同年閏6月29日、幕府は信重の異議申し立てを「僻事」(『寛政重修諸家譜』)として所領を没収した。

子孫[編集]

舅の津川家との関係は深く、長男・左大夫直政の子の慈澤蔵主は津川義近、近利親子の位牌がある妙心寺大嶺院住持であり、三男・次郎左衛門長相は、津川家同様に肥後熊本藩主家細川氏に召し出されて、その子孫も代々同家に仕えた。

娘は陰陽師安倍晴明の子孫である土御門泰重の妻となっており、土御門神道を提唱する土御門泰福の母となる(諸説あり)。