織田長則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田長則
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 寛永8年7月4日1631年8月1日
別名 孫一郎(通称)
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、河内守
幕府 江戸幕府
美濃野村藩
氏族 織田氏
父母 父:織田長孝
兄弟 長則長政村井長家
不破光昌室、岡田善同正室、
木村重成室、津田某室、本多景次正室

織田 長則(おだ ながのり)は、美濃野村藩の第2代藩主。長孝系織田家2代。初代藩主・織田長孝の長男。

慶長11年(1606年)、父の死去により跡を継ぐ。元和6年(1620年)、大坂城普請助役を命じられる。寛永3年(1626年)、将軍徳川家光の上洛に供奉した。寛永8年(1631年)7月4日、死去。嗣子がなかったため、野村藩織田氏改易となった。