織田信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信一(おだ のぶかず、1902年明治35年)12月7日 - 1909年(明治42年)2月16日)は、明治期の華族尚長織田家15代。14代当主織田秀実の長男。母は久邇宮純子(久邇宮朝彦親王の娘)。夫人、子女ともになし。爵位子爵

1907年(明治40年)4月19日、家督を相続する。1909年(明治42年)2月16日、死去した。織田家の家督は、弟の長利(秀実次男)が相続した。

注釈・出典[編集]