織田秀綿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 秀綿(おだ ひでつら、宝暦6年2月28日1756年3月28日) - 文化3年9月20日1806年10月31日))は、大和柳本藩の第10代藩主。尚長流織田家10代。

第8代藩主織田秀賢の三男。正室は鳥居忠意の九女虎子(のち離婚)。継室は間部詮央の長女菊子。子は織田秀便(次男)、日向正好(三男、日向正肥養子)、溝口秀久(六男)、織田信陽(七男)、娘(田中玄恵室)ら8男8女。幼名は富十郎。官位は従五位筑前守、大和守。

生涯[編集]

幕府には第9代藩主・長恒の長男と届けられた。明和3年(1766年)10月16日、長恒が死去したため、家督を相続した。

明和8年(1771年)7月28日、将軍徳川家治御目見する。安永元年(1772年)江戸火消役を命じられる。安永3年(1774年)12月18日、従五位下筑前守に叙任する。安永5年(1776年)、駿府加番を命じられる。安永8年(1779年)5月、鎌倉を訪れて、織田長好の建立した建長寺長好庵などを参詣する。明和6年(1769年)1月15日、柳本領内で百姓一揆が起こり、12名の百姓を処罰した。享和2年(1802年)12月にも年貢軽減を求めて農民が柳本陣屋に押し寄せ、藩側の発砲で死傷者を出した。

文化3年(1806年)9月20日、51歳で死去した。法号は法光院殿通山宗貫大居士。墓所は東京都港区南麻布の天真寺。